Olympe de Gouges

1748 - SON HISTOIRE - 1793

 

マリー・グーズは肉屋の父親と家政婦であった母親の下で、モントーバンのつましい家庭に生まれた。

 

世間のうわさでは、彼女は詩人のル・フラン・ドゥ・ポンピニャン侯爵の私生児であったとも、またルイ XV 世の<私生児>ではないかとも言われている。

 

1765年、マリー・グーズは地方長官の食卓官吏であったルイ・オーブリと結婚し、その2年後に彼との間に子供ができる。その後間もなく夫が死亡し、彼女は地方のブルジョワであることを望まず、息子を連れてパリに出る。有名になりたくて、彼女は偽名、オランプ・ドゥ・グージュを名乗ったが、これは母親のファーストネームと姓から作られた。

Montauban

 

彼女は作家となり、1780年から小説や劇作品を発表したが、これらは彼女の革新的思想を顕揚するものだった。

フランス大革命によって、オランプ・ドゥ・グージュは自分がどれほど時代に先んじているかを示すチャンスを得る。

女性を市民権から排除した憲法議会を見て、彼女はある文章を発表するが、これは最初のフェミニズムの土台となるものであり、人権宣言と対をなすものである。                                                                     « 女性と女性市民の人権宣言 »

彼女はそこで女性解放と男女間の無条件で全面的な平等を強く主張した。
オランプ・ドゥ・グージュは最初のフェミニストの一人と考えられている。他の書物の中で、彼女は奴隷制と死刑に反対し、離婚の法的解決を主張している。
政治的次元では、オランプ・ドゥ・グージュはルイ XVI 世の裁判の時、ルイ XVI 世を支持した。
またジロンド党に味方し、マーラーやロベスピエールに反対するパンフレットを公表した。
ジロンド党の失墜後、彼女はジロンド党用ポスターの作者として弾劾される。
 
1793年7月20日に逮捕され、1793年11月3日、特に男女平等に関する書き物が原因で、死刑宣告をうけギロチンにかけられた。